口臭の原因”臭い玉”は喉の扁桃腺付近にできる! 原因と取り方!!  

誰の口にも潜んでいる、臭い玉というの細菌の塊。とても悪臭が強く、口臭の原因になる臭い玉は口の中のカスがたまったもの。臭い玉ができる原因は? 取り方はどうしたらよいのでしょうか。

モリンガ美臭美人

喉の付近にできる臭い玉。原因と取り方


臭い玉は喉の扁桃腺付近にできます。自分で取ろうとすると喉を傷つける可能性もありますから、できれば耳鼻科で取ってもらうのが安全です。

臭い玉は膿栓ともいわれ、その実態は細菌と白血球の死骸です。1mm程度から数cmになるものもあり、肉眼で確認できるものもあります。

誰にでもできる可能性がありますが、どんなに予防をしても、喉の奥から口臭がしたり、喉の違和感によって見つかる場合が多いようです。予防するには、うがいや鼻うがいなどで喉についた細菌を除去することです。

自分で取るには膿栓の位置を確認し、スポイトなどで水を勢いよくかけて取る方法があります。しかし多量に水を飲んだり、誤嚥するリスクがあります。綿

棒やピンセットなどを使った取り方は、喉を傷つける場合があり危険ですからやめてください。安全な取り方は、やはり耳鼻科で取ってもらうのがいいでしょう。

こまめなうがいで予防を。うがい液を用いるとより効果的


モリンガ美臭美人

こまめなうがいで口の中を清潔に保つことで、臭い玉を防ぐことができます。うがい液を用いるとより効果が期待できます。

もし過去に歯科治療を受けたことがあるのでしたら、被せ物の下に、臭いの原因となる元があるといったことも考えられるので、定期的に歯科で受診を受けるように。

喉のうがいは各メーカーから販売されているうがい液を用いると効果的。できれば食事の前後や就寝前、起床時などに行なうといいでしょう。

寝ている間に口腔内で細菌が繁殖しますから、寝る前にうがいをして、起きたときに増えた雑菌を洗い流すことが大切なのです。臭い玉を作らないためには、こまめなうがいで口の中を清潔に保ちましょう。
記事参考: infoseek news
    

今すぐ臭い対策をはじめる!!


モリンガ美臭美人